1 袁世凱 (えんせいがい) (1859年 ~ 1916年)






~皇帝の位をねらって絶望死した中国の軍人~






 「国恥記念日」 (こくちきねんび) をご存知でしょうか。

 中国の「国の恥」 (はじ) という意味で、毎年5月9日がこの記念日に当たります。




 第一次世界大戦中の1915年に出された「21カ条の要求」 を認めてしまった日です。




 この要求を出したのは日本で、受け入れた中国の代表者は、中華民国初代大総統、袁世凱(えんせいがい) でした。




 国民から大きな反発が起こったのには訳があります。





 それは、この要求を認めれば中国は事実上、日本の植民地に近いような状態になる内容だったからです。




 それなのに、袁世凱はなぜこの要求を認めたのでしょうか。




 1911年に起こった、孫文の有名な辛亥革命(しんがいかくめい) に、袁世凱も関与していました。



 実は清(しん) 王朝の最後の皇帝、宣統帝(せんとうてい) を直接退位させたのは袁世凱だったのです。




 清の最大の実力者だったので、強力な軍事力を背景に、画策をしたのです。

 これで清は完全に滅びました。




 その見返りとして、最初から孫文に圧力をかけています。

 「中華民国の臨時大総統の地位を譲っていただきたい」




 驚いた孫文は「共和政と三民主義を守り、首都は南京にする」 という条件を約束させて、この地位を譲ったのでした。




 ところが、野心家の袁世凱はこの約束を破ります。




 北京に居座り、国会を無視して独裁政治を始めたのです。

 これを黙って見ているわけにはいきませんね。




 1913年7月、孫文は国民党を組織して、袁世凱討伐軍を起こしました。

 これが中国史上「第二革命」 と呼ばれるできごとです。




 しかし、袁世凱軍は強く、国民党軍は軍事力ではまだとてもかないません。

 孫文はやむなく再び日本に亡命しました。




 10月には、正式な大総統に袁世凱が就任したのです。

 彼が次にねらったのは「皇帝」 の地位でした。




 これでは辛亥革命は無意味になり、清王朝にとって代わるというだけのものになってしまいますね。



 歴史の逆戻りになりかねません。




 袁世凱は、最初から共和政をするつもりはなく、自分が皇帝になるために革命を利用したのでした。



 「21カ条の要求」 を認めたのも、自分の地位を守ることが最優先だったからです。

 見下された国民の立場から見れば「冗談じゃない」 と反発が出るのは明白ですね。




 1915年12月、権力をほぼ手中におさめた袁世凱は、中国国民が日本に負けない強い指導者である「皇帝」 を求めていると自分に都合よく考えて、次のように発言しました。




 「わしは来年を洪憲元年とし、元旦に皇帝即位の儀式を行うぞ。

 ついに、わが王朝が誕生するのだ」




 結果的にはこの読みは甘く、国民の大反発を誘うことになってしまったのです。

 「袁世凱ひっこめ、私たちの中国にはもう皇帝などいらない!」




 これが多くの国民の声でした。




 中国の人々は、袁世凱の即位に大反対し、雲南省や貴州省などは彼の支配から離れるために、次々と「独立宣言」 をしたほどです。




 このできごとは、中国史上「第三革命」 と呼ばれるようになりました。




 こうなると、いったん皇帝に即位はしたものの、わずか80日あまりで皇帝の座を退かなければならない状態に追い込まれます。




 袁世凱の心は、絶望と極めて強い心労でフラフラになったことは想像に難くありません。

 どれほど苦しんだのでしょうか。




 これから約1年後、彼は失望のあまり病に倒れ、あっけなくこの世を去ったのでした。

 国民を見下し、自分の権力のために





 「革命をつぶそうとした男」

 というマイナスのイメージだけが強く残る結果になったのです。





 皇帝ではありませんが、現在の僕たちの周りにも心当たりはありませんか。




 権力に目がくらんで、袁世凱のようなことを一生懸命やっている人がいるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/196-996c34b9