1 卑弥呼 ( ? ~ 248頃)






~神秘的な権力を守るため孤独に生きた邪馬台国の女王~






 謎だらけの人物です。




 邪馬台国の女王だったといいますが、そもそも邪馬台国が日本のどこにあったのかわかっていません。




 日本の歴史上の記録がないからですね。




 ただ、はっきりしていることは、中国の「魏志倭人伝」 という歴史書に具体的な記録があるということです。




 さらに、朝鮮半島にあった新羅(しらぎ) の「三国史記」 などにも登場しています。




 これらの複数の史書から、実在の国であり、実在の女王であったことはほぼまちがいないと考えられています。




 時は弥生時代の末期。




 「倭国の大乱」 があったとされています。

 ちょうど戦国時代のような状況にあったのではないでしょうか。




 中国の前漢の時代の歴史書によると、弥生時代前期の日本には100余りの小国がありました。

 これが末期になると、30余りの国に減っています。




 つまり、戦いに勝った国が、敗れた国を次々に併合していったのでしょう。

 邪馬台国は、このような中で生き残った国の一つだと考えられます。




 強い国の一つだったのですね。




 僕が知りたいのは、このような過酷な時代背景の中で、卑弥呼が一人の人間として、一人の女性としてどのような「生き方」 をしたかということです。




 長年にわたり女王として君臨し、人々から尊敬を集め支持されていたことは十分に考えられます。



 その反面、彼女の権力を脅かすものに恐れ、不安と心労から必死に逃れようとしていたのではないでしょうか。




 一般民衆の視点から彼女の生き方を考えると、極めて孤独な女王の姿が見えるような気がします。



 まず、対立関係にあった狗奴国(くなこく) との戦い。




 卑弥呼の宮殿は、武装した兵士に守らせていました。

 鬼道(きどう) という神がかり的な占いによって政治を行っていたようです。




 陶酔状態になって、神の声を伝えるというやり方です。

 自信があれば、武装した兵士に自分の住む宮殿を守らせたりはしないでしょう。




 自信がないからこそおびえ、万全の守りを敷いていたのではないでしょうか。

 次に、女王となってからは人前に姿を現さなくなりました。




 政治の意志は、神の意志として一人の弟を介して民衆に伝えられました。

 神秘的な権威・権力を保つための手段ですね。




 食事は一人の別の男性に運ばせ、1,000人もの女性の召使に身の回りの世話をさせました。

 権力の頂点にある卑弥呼には、対等に心を許して話せる相手はいたのでしょうか。




 夫も子どももいませんでした。

 宮殿の奥深くで、緊張と心労の毎日が続いていたのでしょう。




 さらに、魏王朝への朝貢です。




 239年、卑弥呼は魏へ使いを送り、「親魏倭王」 の称号と100枚の鏡、絹織物などを与えられました。




 当時の中国は三国時代とはいえ、日本の小国から見れば、とてつもない大国です。

 自分の力は中国の大国も認めているのだ、というお墨付きがほしかったわけですね。




 そうすれば、他の日本のライバルの国々に対して優位に立てるわけです。

 これも自分の身を守るための手段の一つです。




 あげくの果ては、「墓」 です。

 大きな墓を作らせただけでなく、100人もの奴隷を殉死させました。




 卑弥呼の心労は生存中だけでなく、死後にもあったと考えられます。

 常に上から目線で、民衆を差別的に見下し、権威・権力を保つためのあの手この手の手段。




 その一生は、権力の頂点にはあったものの、不安で孤独な一人の人間の姿が垣間見られます。




 最後は暗殺されたという説もありますが、現在のところその真偽は定かではありません。
スポンサーサイト
第4集 権力と心労に揺れた人々「日本史編」





                        目  次



はじめに



第1章古 代

1 卑弥呼          ~神秘的な権力を守るため孤独に生きた邪馬台国の女王~

2 用明天皇         ~有力豪族の権力争いに巻き込まれ早死にした短命の天皇~

3 聖徳太子         ~理想国家建設の夢半ばで倒れた飛鳥の皇子~

4 蘇我蝦夷         ~強力な権力が反感を買い自殺に追い込まれた飛鳥の大臣~

5 孝徳天皇         ~甥に利用され妻にも見放されて孤独死した難波の天皇~

6 天智天皇         ~権力を握っても心労と不安におびえ続けた近江の天皇~

7 草壁皇子         ~母親の権力欲の犠牲になって若死にした悲劇の皇太子~

8 藤原不比等        ~落ちぶれたお家再興の志半ばで倒れた陰の実力者~

9 長屋王          ~血筋のプライドから自殺に追い込まれた奈良の皇族~

10 聖武天皇         ~度重なる難題に疲れ果て仏教にすがった奈良時代の天皇~

11 孝謙天皇         ~強権を発揮し神経症の果てに孤独死した奈良の女帝~

12 道 鏡           ~権力にこだわり僧の道から外れて左遷された奈良の法王~




第2章平安時代

1 桓武天皇         ~怨霊に生涯悩み続けた平安時代の初代天皇~

2 藤原薬子         ~手段を選ばず権力に寄り添い自殺に追い込まれた母親~

3 文徳天皇         ~伯父に利用され摂関政治の土台を作って若死にした天皇~

4 菅原道真         ~地方の生活を楽しめずに孤独死した平安の秀才~

5 藤原時平         ~出世を急いで無理をして怨霊に悩まされた平安の左大臣~

6 醍醐天皇         ~親政を実行したが怨霊に悩まされ悶死した平安の天皇~

7 藤原定子         ~同族の権力争いの犠牲になり若死にした才色兼備の皇后~

8 藤原道長         ~権力を手にして怨霊におびえ続けて壮絶死した摂政~

9 崇徳上皇         ~院政の犠牲になって流刑地で憤死した平安末期の上皇~

10 平 重盛         ~一族の名誉にこだわり寿命を縮めた文武両道の人格者~

11 平 清盛         ~栄華をきわめて高熱で憤死した武士初の太政大臣~

12 藤原泰衡         ~差別心から父の遺言を破り自滅に追い込まれた奥州の実力者~

13 後白河法皇        ~武士を見下し武士によって権力から転落させられた法皇~




第3章鎌倉時代

1 北条政子         ~権力を獲得して身内がことごとく犠牲になった尼将軍~

2 大 姫          ~権力の犠牲になって若い命を失った将軍の娘~

3 後鳥羽上皇        ~武士を見下し院政の権力にこだわって自滅した上皇~

4 北条時宗         ~元寇の犠牲になり過労死した鎌倉幕府の執権~

5 北条守時         ~飾り物にされて自殺に追い込まれた最後の執権~

6 楠木正成         ~権威に翻弄され自殺に追いこまれた建武の新政の立役者~




第4章室町時代

1 後醍醐天皇        ~権力を握り民衆や公家からも見放された南朝の天皇~

2 足利尊氏         ~身内までが敵対し疲れ果てて病死した征夷大将軍~

3 足利義詮         ~度重なる戦争と心労で若死にした南北朝時代の将軍~

4 足利義量         ~飼い殺し状態で若い命を落とした室町の虚弱将軍~
 
5 足利持氏         ~将軍の地位にこだわり自殺に追い込まれた鎌倉公方~

6 足利義尚         ~権力争いと家庭不和に翻弄されて若死にした将軍~




第5章戦国・安土桃山時代

1 松平広忠         ~強豪に挟まれて心労を重ね見捨てられた三河の戦国大名~ 

2 毛利隆元         ~劣等感と重圧からの心労で自滅した強豪の長男~

3 武田義信         ~政略結婚の犠牲になって若死にした強豪の嫡男~

4 三条夫人         ~気位の高さから地方を見下し夫に見放された悲劇の貴族~

5 旭 姫          ~兄の天下取りの犠牲になり翻弄された百姓の娘~

6 足利義昭         ~地位にこだわり大名に利用された飾り物の将軍~

7 石田三成         ~秀吉とともに栄え秀吉とともに権力を失った側近~

8 小早川秀秋        ~利用されてノイローゼの末に病死した若き大名~

9 織田秀信         ~祖父の功罪に翻弄され居場所を失って若死にした武将~

10 淀 殿          ~高いプライドの故に自殺に追い込まれた関白の妻~




第6章江戸時代前期

1 徳川秀忠         ~権力を握っても家族からの心労に振り回された2代将軍~

2 徳川忠長         ~兄弟差別をやったために自ら不幸を招いた将軍の弟~

3 徳川家光         ~両親からの愛情に飢え心労に振り回された3代将軍~

4 林 羅山         ~肩書と権威で生き自らの差別心から自滅した儒学者~

5 後水尾天皇        ~侮辱されて心労に悩みながらも長寿を全うした天皇~

6 桂昌院          ~権力にこだわって民衆を苦しめた江戸時代のシンデレラ~

7 牧野成貞         ~出世と引きかえに主君に妻子を奪われた側用人~

8 本寿院          ~権力を伴った過度な好色で幽閉された尾張藩主の妻~

9 徳川吉宗         ~改革を成功させても心労で悩まされ続けた幕府中興の祖~




第7章江戸時代後期

1 田沼意次         ~権力を勝ち取っても息子を殺され城を破壊された老中~

2 葛飾北斎         ~名声を得てもライバルに怯え続け家庭崩壊を招いた画家~

3 水野忠邦         ~出世志向で頂点に立ったが自ら燃え尽きた老中首座~

4 徳川家慶         ~内憂外患で長い心労に振り回された将軍~

5 阿部正弘         ~鎖国を終わらせ近代化に貢献して若死にした老中~

6 徳川家定         ~内憂外患の重圧で若死にした病弱の将軍~

7 井伊直弼         ~開国の犠牲になって暗殺された幕末の大老~

8 武市半平太        ~尊王攘夷運動と大名の権力の狭間で揺れた土佐の志士~

9 徳川家茂         ~開国と攘夷の狭間で犠牲になった幕末の若き将軍~

10 孝明天皇         ~鎖国にこだわり新時代を前に犠牲になった若き天皇~

11 土方歳三         ~武士に出世して時代の流れに翻弄された農家の末っ子~

12 斎藤きち         ~外国人差別と鎖国政策の犠牲になった若き美貌の芸者~




第8章明治以後

1 岩崎弥太郎        ~努力で裕福になり心労で病に倒れた土佐の下級武士~

2 三条実美         ~政争に巻き込まれ心労を重ねて倒れた京都の名門貴族~

3 陸奥宗光         ~日本を列強諸国に加え外交で苦悩した和歌山の家出少年~

4 勝 民子         ~良妻賢母を演じ続け最期になって心労でキレた幕臣の妻~

5 伊藤博文         ~行政の頂点で国政を動かし海外で暗殺された長州の貧農~

6 桂 太郎         ~総理大臣最長記録をつくり半年で病死したニコポン宰相~

7 山県有朋         ~権力にこだわって国民と皇室を敵に回した日本軍閥の祖~

8 野口英世         ~努力で成果を発揮し晩年に権威と心労に悩まされた医師~

9 清浦奎吾         ~第二次護憲運動で総辞職に追い込まれた短命内閣の首相~

10 松岡 洋右         ~国民的英雄として歓迎され日米開戦に号泣した外務大臣~

11 東条英機         ~権威・権力を手にして敗戦で絞首刑にされた軍人~

12 田中角栄         ~実行力と金の力で出世して裁判で自滅した農家の二男~







<訪問者の皆様へ>



 僕の記事にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

 僕が考える日本史上の「権力と心労に揺れた人々」は、上記の80人です。

 来週から一人ずつ、80週間かけて人物エッセイを発行します。

 是非、応援してください。


第4集 権力と心労に揺れた人々「日本史編」






                     はじめに






 そもそも歴史とは何のためにあるのでしょうか。

 一言でいえば、現在および将来のためにあるのではないでしょうか。




 過去の数多くの事例から、現在および将来に生かしてこそ、歴史は価値あるものになると思います。



 そこには多くの成功例や失敗例があります。




 見方によっては有意義に生かすことができれば、悪用することもできるのです。

 この中で僕が特に重視したいことは「人間としてどう生きたか」 ということです。




 日本史上には数多くの人物が登場します。

 一人一人が、それぞれ自分の人生を精いっぱい生きています。




 大事業を成し遂げた有名人もいれば、あまりその名を知られていない人もいます。

 彼らは現在に生きる僕たちに、さまざまなことを教えてくれます。




 注意しなければならないことは、権力の頂点に立ったりお金持ちになったりした人々が、必ずしも人生の成功者とは限らないということです。




 「権威」 とは人を従わせる力であり、「権力」 とは人を強制する力です。

 だから、自分の思う通りになると思われがちですね。




 ところが、権威・権力を求め、また守ろうとしたために自滅したり、自分の大切な人が犠牲になって後悔する事例は後を絶たず、現在もたくさんあります。




 権力の頂点に立った人物の多くに見られる現象は、その権力を脅かす存在にびくびくし、たえずおびえているということです。




 強権を発揮したことで知られる江戸幕府の3代将軍徳川家光が、自殺未遂をしたことがあることをご存知でしょうか。




 意外と長生きもしていません。




 歴史の教科書ではほとんど触れられることはありませんが、権力を握ること、それはすなわち「心労」 の始まりでもあるのです。




 一見強そうに見える権力者たちの、外からはなかなか見えない「小心者」 という姿がここにあります。




 権力による支配のための道具として利用されてきたのが「差別」 です。




 差別され、支配された人々は、不自由で不自然な状態です。

 こんな状態がいつまでも続くはずがありません。




 早かれ遅かれ、何らかの形での反動は避けられないでしょう。

 自分の力を脅かす者を排除し、自分を守るために必死になり、いつも何かにおびえている。




 権力によって立つ者は、いつか権力によって滅ぼされるという事例があまりにもたくさんあるのには驚かされます。
 



 長い日本の歴史は「支配と差別の歴史」 である、といっても過言でないくらいです。




 差別したり差別されたりという経験は、人間なら誰にでもあると思います。

 日本史上の数多くの悲劇は、根本において人を見下す「差別心」 から発生しています。




 この差別心から解放された人は自由になり、納得のいく幸福な人生を歩んでいます。




 ところが解放されなかった人は、「心労」 に悩まされて痛い目に遭っているという例が後を絶ちません。




 僕がこのブログを書こうと思ったきっかけは、権力や不自由と差別心にとらわれている自分自身に、40年以上にわたって気づいていなかったという事実が根底にあるのです。




 歴史は役に立たなければいけないと思います。

 このブログに登場する人物は、ある意味では反面教師です。




 今回、僕は「人権史観」 の視点から、日本史上の80人の人物に着目してみました。 




 上から目線ではなかなか大切なことが見えないので、一般庶民の立場から、その生き方を検証してみました。




 日本史を見る視点を変えることで、自由で心豊かに生き、「差別意識から解放」 される人を一人でも増やすためにこのブログを書きます。




 これまでの自分の生き方の問題に自分で気づき、それを変えて、幸せになれる人が一人でも多く増えるように願っています。
第3集 権力と心労に揺れた人々「世界史編」






                       おわりに






 権力はどうしても必要なものでしょう。

人を強制する力ですね。




これがないと、何でもかんでも自分勝手が横行し、収拾がつかなくなります。




あげくの果てには、争いが起こり、これが国家レベルになると戦争にまで発展することもあります。




こうなると、最大の人権侵害を野放しにすることになってしまいます。

これでは多くの人間が不幸になることは、数々の世界史が証明していますね。




だから、人権を守るためには、権力が必要不可欠になります。

基本的人権でいう「自由」 と「自分勝手」 は違います。




自分の自由を行使する前提条件として、他人の自由を尊重することが必要です。

「法の下の自由」 ということですね。




「自分勝手」 には、この必要最小限のルールが除外されているのです。

だから、平気で人に迷惑をかけることにつながるわけです。




 「平等」 もそうですね。




何でもかんでも同じという意味ではありません。

「形式的平等」 ではなく「本質的平等」 が大切になります。




表面から見ると一見違うように見えても、それは区別であって、実質的には平等になっていることがたくさんあります。




一例をあげれば、オリンピックで男女別に競技が行われ、その競技内容にも違いがあるのは、男女の本質的平等を具体化しようとしているからです。




 しかし、権威、権力というものが私利私欲のために行使されると、自由と平等を侵害することにつながります。



強制される人々がその権限を納得していて、支配される人々のために使われるべきでしょう。




権力者が自分たちだけのために、人々を支配する道具としてよく使われるのが「差別」 ですね。

対等な人間関係であるはずの者どうしでも、至る所で使われています。




差別意識から解放された人はこの矛盾がよく見え、解放されていない人はなかなか気づきません。




 このような意識から解放されていない人は、一度権力を手にすると手放すのが惜しくて、なかなか手放そうとしません。




支配、強制される側からの支持を失ったら、潔く手放すべきなのに、それどころか攻撃を加えて逆に排除しようとします。




今回僕が書いたブログの中では、ソ連のスターリンがその典型的な例といえるでしょう。




「そこまでやるか」 と思われることを次々にやっていますね。

そして、自ら墓穴を掘っています。




1,000万人もの多くの人を殺さなければならなかったという事実が、国民から支持されていなかった何よりの証拠です。




 他人どころか自分自身さえも信用できなくなり、権力を失う恐怖に脅え、心労と猜疑心に振り回された壮絶な人生だったと思います。




安心してゆったりとくつろげる時間など、ほとんどなかったのではないでしょうか。

このような生き方をしたいという人は、あまりいないと思います。




一見強そうに見える権力者も、一皮むけば臆病な小心者であることが多いのです。

たった一度の人生です。




もっと自由に、もっと楽しく生きたいですね。

世界史上には、このことを先人の事例として学べる人物がたくさんいます。




僕が今回取り上げた77人は、その中のほんの一例にすぎません。

歴史はただおもしろいだけでなく、先人の生き方を学んで役立てるべきです。




僕のブログのテーマは「人間の生き方」 です。

これは過去から現在、そして将来にもわたる人類の永遠の課題でしょう。




僕は役立つ歴史とは、成功も失敗も含めて「人間の生き方」 が学べる歴史だと考えています。

これには自由、平等などの基本的人権の獲得が欠かせません。




他にも僕がまだ気づいていない、対象になる人物がたくさんいるのではないかと思います。

ぜひ教えてください。




 そして共に学ぶことができたらすばらしいですね。
 


                                 発行者 大川原英智






<訪問者の皆様へ>



 このたびはご訪問いただき、誠にありがとうございました。

 世界史の人物エッセイとして、自分なりに一生懸命書いたつもりです。



 何か一つでも、みなさんの人間としての生き方、歴史の見方、人権に関することに役立つことがあったら、とても嬉しいです。



第3集 権力と心労に揺れた人々「世界史編」 は、一通り完結しましたので、今回が最終号になります。



 次回からは、第4集 権力と心労に揺れた人々「日本史編」 として更新する予定です。


 引き続きご訪問をいただきたく、お願い申し上げます。