6 ゾフィー大公妃 (1805年 ~ 1872年)






~権威と息子たちとの狭間で揺れたオーストリア皇帝の母~
 





 ハプスブルク家は、ヨーロッパの名門中の名門として有名です。




 歴史上数多くの皇帝や国王、皇妃や王妃を次々に出し、何か国にもまたがる広大な領地をものにしていました。




 なぜこのような名家になれたのかご存知でしょうか。

 それは「政略結婚」 です。




 ハプスブルク家にとって、政略結婚は何代にもわたる得意技だったのです。




 しかし、華やかに見える宮廷生活の裏には、人間の自由を無視した人権侵害や、悲劇もたくさん起こっていたことも事実です。




 ゾフィーは、現在の南ドイツにあったバイエルン王国の貴族、ヴィステルバッハ家に生まれました。



 彼女もまた政略結婚により、オーストリア帝国の皇帝の弟にあたる大公のもとに嫁ぎました。




 由緒ある名門ハプスブルク家です。

 皇室のしきたりや礼儀作法などをしっかり身につけて、大公妃として君臨していたのです。




 ところが1848年、ゾフィーの長男が18歳でオーストリア帝国の皇帝に即位したのです。

 フランツ・ヨーゼフ1世の誕生ですね。




 このことは、同時にゾフィーが皇帝の母親になったということでもあります。

 つまり、ウィーンの宮廷における絶対的な権力者にのし上がったことを意味するのです。




 彼女は大いに喜び、張り切ったことでしょう。




 この後は、上から目線で周りの人々を見下し、自分の思い通りにしようしたと考えられる行為が、次々に表面化していきます。




 何といっても息子のフランツ・ヨーゼフ1世はまじめを絵にかいたような性格で、母親に逆らったことがなかったのです。




 まず、息子の結婚です。




 ゾフィーは、自分の実家ヴィステルバッハ家の長女ヘレーネをフランツ・ヨーゼフ1世の皇妃にしようとして、引きあわせました。




 今でいう「お見合い」 ですね。




 ところが、ゾフィーの思いもよらぬことが起こります。




 息子の皇帝はヘレーネに全く興味を示さず、何とその妹のシシィに熱々になってしまったのです。



 猛反対しましたが、フランツはこのとき初めて母親に逆らいます。




 「私の結婚は皇帝である私が決めます。

  大公妃殿下は口出し無用!」




 こうして、妹のシシィとの結婚を成立させました。

 皇妃エリザベートの誕生です。




 1854年、フランツ・ヨーゼフ1世は23歳、エリザベートは16歳でした。

 おさまらないのは、母親のゾフィーです。




 エリザベートはヨーロッパ1の美貌と噂される女性でしたが、自由奔放な性格で、ハプスブルク家の伝統的なしきたりにはなかなかなじめませんでした。




 ゾフィーの憎悪は、エリザベートに向けられたのです。




 言葉遣いや歩き方、お辞儀の仕方、箸の上げ下ろしまで日常生活の細部に干渉して、少しでも違反すれば厳しく叱責しました。




 生まれた赤ん坊まで取り上げて、勝手に自分と同じゾフィーと名付けました。

 これはやりすぎでしょう。




 当然のことながら、耐えきれなくなったエリザベートからもゾフィーは逆らわれます。

 極めつけは、次男のマクシミリアンです。




 フランスのナポレオン3世に誘われて、メキシコの皇帝になろうとしたのです。




 ゾフィーは、このマクシミリアンを幼い時から溺愛していて、彼のメキシコ行きにも猛反対しました。




 マクシミリアンは母親の反対を押し切って、メキシコへ旅立ったのです。




 しかし、やはり恐れていた悲劇は起こりました。




 皇帝になったマクシミリアンは、メキシコで銃殺され、その遺体がオーストリアへ返されてきたのです。




 その後、ゾフィーは人が変わったように陰鬱になり、わずか2年後に愛息の後を追うように亡くなりました。





 皇帝の母という地位を手に入れても、思うようにならないことばかりですね。





 高い地位と強い権力に恵まれても、何とももったいない人生だと感ずるのは、僕だけでしょうか。





 彼女が差別意識からもう少し解放されていたならば、もっと豊かな人生を送ることができたのではないでしょうか。
スポンサーサイト
5 リンカーン (1809年 ~ 1865年)






~心労から奴隷解放を戦略の道具にしたアメリカの大統領~






 「人民の人民による人民のための政治」

 リンカーンの有名な、ゲティスバーグの演説の中の言葉ですね。




 民主主義の政治を誠実に実行し、奴隷解放宣言を行い、南北戦争を終結させた偉大な大統領として長い間語り継がれてきました。




 アメリカ歴代の大統領の中でも、特に人気があった人物です。




 僕も人権感覚に優れた大統領という人物像を抱いていましたが、近年、多くの研究者によって必ずしもそうとは言い切れないことがわかってきました。





 なぜでしょうか。





 1809年、リンカーンはケンタッキー州の粗末な丸太小屋で生まれました。

 開拓者の移動生活が多く、学校にはわずか1年しか行っていません。




 彼は努力家で弁護士になりましたが、演説は非常に得意です。

 子どものころからよく切り株の上に立って演説の練習をしていました。




 つまり、弁護士になる前に、すでに政治家を目指していたのです。

 政治家と言えば、最終目標は権威・権力がある大統領ですね。




 なかなかの野心家だったということが指摘されています。

 有名なゲティスバーグの演説も実は彼が最初に考えた言葉ではありません。




 引用だったのです。




 1850年、すでに牧師のセオドア・パーカーが次のような演説を行っていました。

 「民主政体、すなわち、すべての人民の、すべての人民による、すべての人民のための政体」




 そっくりですね。




 リンカーンの演説は1863年です。

 13年もの開きがあり、この有名な言葉は、南北戦争が始まる前からあったことは明白です。




 1863年、南北戦争のさなかに、リンカーンは「奴隷解放宣言」 を発表します。

 これは南部諸州の奴隷解放を宣言したもので、ケンタッキーなど四州には適用されていません。




 おまけに南部諸州は南軍の支配下にあり、この宣言自体、実効がないといえます。

 南部には300万人の奴隷がいました。




 彼らを決起させれば、南軍は膝元に火がつくことになるわけです。

 この宣言は、南部の軍事力を弱め、北部有利に戦争を進めるための道具だったのです。




 リンカーンが、奴隷廃止を主張する人にあてた手紙が残っています。

 「この戦争における私の至上目的は、連邦を救うことにあります。




 奴隷制度を救うことにも、滅ぼすことにもありません。

 もし、奴隷を一人も自由にせずに連邦を救うことができるならば、私はそうするでしょう」




 これが本音ですね。




 彼は奴隷を異国に追放し、黒人たちはそこで自分たちの国をつくればよいと考えていました。




 白人と黒人を平等に見ていたわけではなく、白人と黒人の結婚を認める法律も、ついに最後まで通しませんでした。





 もうおわかりでしょう。





 リンカーンは、明らかに黒人差別をしていますね。

 南北戦争で、アメリカ合衆国が二つに分裂するのを防ぐことが最優先なのはわかります。




 しかしこうなると、大統領として自分が君臨している「広大な国土」 が、半分になるのを防ぐことだけが大切だったのではないか、とも思えてきますね。




 アメリカの奴隷制度が全面廃止されたのは、1865年です。

 しかし、このときすでにリンカーンは、暗殺により死亡していたのでした。




 彼の死の4日前に撮られた写真が残っています。

 その写真を見た人の感想です。




 「まるで70歳に近い老人のようだ。

 とても54歳とは思えない」




 リンカーンはこの戦争で心身をすり減らし、ボロボロになっていたのですね。

 強烈な心労が、彼の心身を蝕んでいたことが考えられます。





 もしかしたら、暗殺されていなくてもそう長くは生きられなかったのかも知れません。





 大統領という権威ある地位に、終始しがみついた男の悲しい末路を感じるのは僕だけでしょうか。
 4 咸豊帝(かんぽうてい) (1831年 ~ 1861年)





~内憂外患のストレスから若死にした清朝末期の皇帝~





 僕が北京の故宮(こきゅう) に行ったとき、度肝を抜かされました。

 その壮大さが、予想をはるかに超えていたからです。




 数々の大きな建物が次々と現れ、まるで一つの城が一つの町のようになっていました。

 中国の清(しん) 王朝の時代、ここは紫禁城(しきんじょう) と呼ばれる宮殿だったのです。




 現在の中華人民共和国よりも、もっと広大な領土をもっていた清王朝。

 咸豊帝(かんぽうてい) は清の第9代皇帝で、この宮殿で生まれ、この宮殿で育ちました。




 絶対的な権力をもっていましたが、彼はわずか30歳の若さで亡くなっています。




 なぜでしょうか。




 若い19歳の咸豊帝が、皇帝として即位したのは1850年です。

 僕たちの日本では、幕末にあたります。




 当時の中国は、すでにアヘン戦争でイギリスに敗れ、列強諸国のアジア侵略が始まっている多難な時代でした。




 ちまたには失業者、病人、アヘン中毒者などがあふれ、それに追い打ちをかけるように全国的な大飢饉にまで見舞われました。





 彼が即位した翌年、「太平天国の乱」 が起こり、咸豊帝の生存中、清はこれをどうすることもできませんでした。




 教科書や多くの歴史書では「乱」 という言葉を使っています。




 中には「太平天国の革命」 とする本もあります。





 しかし、僕は中国国民の9割以上を占める漢民族の人々の立場に立てば、「解放戦争」 と呼ぶのがよいと思います。




 清は少数の満州民族が、大多数の漢民族を差別して支配していた王朝で、太平天国はこの清の支配から離れ、再び漢民族の国を作ろうとしていたできごとだったからです。





 一時的ではありますが、南京を中心に一種の独立国のようになりました。

 咸豊帝は、ついに亡くなるまでこの太平天国を従わせることができませんでした。





 これ一つだけとってみても、皇帝のプライドは傷つけられ、大きな心労だったと考えられますね。




 彼の悩みの種は、宮殿内にもありました。



 妻の一人である蘭児(らんじ) です。




 彼女こそ後に西太后と呼ばれる女性で、中国史上の三大悪女の一人とまで言われ、数々の残虐な行為で知られる人物です。




 咸豊帝は、フランスのベルサイユ宮殿とも比較された、豪華で華麗な離宮である円明園(えんめいえん) で蘭児の美しい歌声と容姿に引き寄せられました。





 これがきっかけで、すでに皇后はいましたが、側室として迎えたのです。

 しかし、蘭児には権力への野心と計算があって、皇帝に近づいたことも事実です。




 慎ましい皇后とは対称的に、蘭児は自分の欲望に忠実で、自由奔放な性格でした。

 そんな彼女に、新鮮な魅力を感じたのでしょう。




 間もなく彼女は皇太子(後の同治帝) を産み、貴妃という高い位を授けられました。

 同時に権力をかさにきて、政治にも口出しすることが多くなったのです。




 咸豊帝もさすがに持て余し、部下に漏らすようになりました。




 「この女は何を考えているのか、よくわからない。

  満足するということを知らない。




  何か不気味で危険を感じる」


 

 一時は部下の進言に従って、蘭児を殺そうとまで考えたこともあるほどです。



 極めつけは1856年に起こったアロー戦争です。




 英仏連合軍に攻められた咸豊帝は、北京の北東にある熱河(ねっか) の離宮に逃げたのです。



 国民の声が聞こえてきそうですね。





 「残された私たちは、どうなるのだ」





 結局さらに領土を奪い取られ、屈辱的な条約を結ばざるをえませんでした。

 誇りもプライドもズタズタにされた咸豊帝は、その熱河の離宮で亡くなりました。





 権力を最後まで離さなかったことが、若死ににつながったのではないかと僕は思います。





 国際理解、国際協調という選択肢と方策は考えられなかったのでしょうか。





 彼が差別意識から解放されていれば、もう少し健康で長生きをすることができたかも知れませんね。
 3 アルバート公 (1819年 ~ 1861年)






~優等生として私生活の心労に揺れたイギリス女王の夫~






 イギリス女王とは、世界史上有名なヴィクトリア女王です。




 イギリスが空前の繁栄をしたときの、まじめな優等生の女王というイメージが広く定着しているのではないでしょうか。



 アルバート公は、このヴィクトリア女王の母方の同い年の従弟にあたります。




 即位3年目の若くて美しい女王の一目ぼれにより、女王の夫として、結婚したお婿さんになります。



 9人の子どもに恵まれ、幸せそうな家族像は、イギリス国民にとって理想の家庭、理想の夫婦に見えたようです。




 しかし、アルバート公はわずか42歳の若さで亡くなっています。


 この聡明、謹厳でハンサムな夫の身に、いったい何があったのでしょうか。





 まず、彼はイギリス人ではありません。

 ドイツ人です。





 妻には好かれていても、イギリス上流階級の人々には外国人嫌いが多く、アルバート公は結婚当初からうとんじられていました。





 イギリス政界にも、以前からドイツへの不信感があり、この結婚はあまり歓迎されていません。





 彼に「プリンス・コンソート」 (女王の夫君) の称号が与えられたのは、何と結婚から17年も後の1857年になってからのことでした。





 これは失礼ですね。

 どこの国の出身であるかということが問題視されています。





 外国人差別が表面化した出来事ではないでしょうか。





 それでも異国の「針のむしろ」 のような環境の中で、彼は誠心誠意努力したのではないかと思います。




 妻のヴィクトリア女王を励まし、助言を与え、政治にも積極的に参加しました。

 1851年の第1回ロンドン万国博覧会の企画・立案の最大の立役者はアルバート公です。





 彼は政界の長老ウェリントン公に、次のように語っています。

「私は女王の夫で、王室の子どもたちの家庭教師で、君主の個人秘書で、終身の大臣です」





 彼のまじめな人柄がにじみ出ていますね。




 しかし、公務多忙な夫に不満を感じたのでしょうか、研究者によってヴィクトリア女王の不倫疑惑が発覚しています。




 相手は、スコットランドの若い20歳の猟番ジョン・ブラウンです。




 1979年のAP通信の記事によると、ヴィクトリア女王とブラウンは「秘密結婚」 をしていて、アルバート公の死後には、ブラウンとの子どもまでできていたということが指摘されました。





 記事はその証拠として、スコットランド美術館長の証言を紹介しています。

 夫のアルバート公が、この妻の不倫を知らないはずはないでしょう。





 むしろ、知っていても 「知らないことにしておかなければならない立場」 にあったと考えるのが自然ではないでしょうか。





 本音が大きく制限される強いストレス・心労が、彼をくたくたに疲弊させたと考えられますね。


 さらに、追い打ちがかかります。





 末っ子のヴィクター王子は素行不良で、問題児として知られていましたが、遊び仲間と売春宿にしけこんで少年を買っていました。





 長男のエドワード王子(後のエドワード7世) の側近中の側近であるアーサー卿も、同性愛にずっぽりとはまり、エドワード王子がもみ消し工作に奔走したのです。





 現在は同性愛に対する理解が進みつつある時代になりましたが、当時のイギリスでは厳禁。

 側近のアーサー卿は、逮捕直前にフランスへ逃亡しました。





 イギリス王室は、この事実を100年以上にわたって隠し続けました。

 極めつけは、エドワード王子です。





 デンマーク王室との縁組が進むさなか、ある女優とスキャンダルをおこしました。





 父親であるアルバート公は、自分が病身でもあるにもかかわらず、皇太子を説得に走り、腸チフスが悪化しました。





 そして、まもなく亡くなったのです。





 世間体よりももっと自由に、もっと本音で人間らしく生きたかったという彼の声が聞こえてきそうですね。





 「本当の幸福な家族とは何か」





 改めて考えさせられる、歴史上の出来事ですね。